新しい制度

日本において、新たな金融商品の売買ルールができつつ有ります。
皆さんはご存知でしょうか?

その名もNISAというものです。NISAと書いてニーサと呼称します。この名前の由来は、英国でこのルールと同様制度が施行されており、それがISAということで、日本版ISAが転じてNISAとなってのです。
さて、このNISAというものの基本的な決まり事は、通常金融商品の売買でも受けた利益には20%の課税がされますが、このNISAの口座なら0%になります。
他にも、決まり事があって、基本的には2014年から2023年までの10年間で毎年新たに100万円の非課税取引枠が用意されます。

また、この口座は1人一口座で、証券会社を始めとする金融機関で作る必要があります。
そして、非課税期間は最大で5年間です。途中で売却したりすると再利用することはできません。
金額の最大額は500万円までとなっていて、それ以上の金額投資は課税対象となってしまいます。

このような基本的ルールも大事ですが、どこでこの特殊な口座を開設するかも重要です。
株で売買取引をしたいなら、証券会社が一択となりますし、証券会社によって取引手数料が違いますからそれらを鑑みて選ぶ必要があります。
どの証券会社にするかは、投資家個人の価値観によってきまるので、一概に何がいいとは言えません。